初亀醸造取扱店

初亀醸造とは?

初亀醸造は寛永12年(1636年)、現在の静岡市で創業。

明治元年に岡部町に移転し、現在に至ります。

東海道五十三次の宿場町として栄え、旅人の疲れを癒やす酒として親しまれてまいりました。昭和42年(1967年)に静岡県 名古屋局 全国清酒品評会にて第一位を受賞しました。その頃から私ども銘酒舘コスギとのお付き合いがありました。

初亀さんの功績

銘酒舘コスギはそもそも初亀を売るための酒屋がスタートでした。

昭和39年(1964年)の東京五輪が終わった頃、清酒(日本酒)業界にイノベーションが起きました。吟醸酒という名の吟醸、純米吟醸、大吟醸の誕生です。

以前は麹米のみに使用されていた酒造好適米(酒造り専用の値段の高いお米)だけを用い、粒が大きい良質なお米を削り、吟醸酒は造られます。

初亀さんは、この吟醸酒、純米吟醸と言われる高級酒を全国的にも先駆けて造り始めた蔵元です。

これをきっかけに、静岡エリアの中小の蔵の多くは、皆、吟醸酒を作り始め、それはやがて「静岡吟醸」と呼ばれるようになり、初亀さんは静岡吟醸をリードする蔵元になりました。

初亀さんとコスギ

初亀さんは今も変わらず、昔ながらの職人さんによる手造り、寒造り(寒い時期に造る)の小ロットの製法で造られています。

 

現在は杜氏さんも若い世代に代わり、雑味のない綺麗な酒質のお酒を身上とするスタイルで、銘酒舘コスギでも人気を博しております。

 

人気の秘密は高い技術力と品質の高さ、そしてパッケージやラベルのデザインの完成度の高さではないかと私は分析しております。

 

もちろん、経営サイドの橋本さんのセンスの良さがカタチになったお酒だからでしょう。

生産量が限られているので、全国的に知られているかは判りませんが、静岡や首都圏、そして銘酒舘コスギでは銘酒の蔵として地位を確立し、お薦めしております。

Copyright © 2020 銘酒舘コスギ All Rights Reserved.